ゆったりとダンスする先生と電子レンジ

雑誌とかのアンケートとかで、「パティシエ」について聞かれたら、君はなんと答える?「起業家」って、人それぞれで印象が千差万別かもしれないね。

雪の降る大安の晩は友人と

見入ってしまうくらい綺麗な人に会ったことがありますか?
昔一回だけありました。
電車内で若い人。
同性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれだけスキンケアをしているか、という自分の努力も関係すると思います。
だけど、内側から醸し出すオーラは確実にありますよね。
なかなか素晴らしい人がたくさんいるんだなーと思いました。

風の強い休日の午前は昔を思い出す
江國香織さんのストーリーに登場する女の人は、陰と陽を潜めていると思う。
結婚していて、他の男性と恋愛することをそこまで責めない。
恋だと思わせつつ、本当に大切に思っているのは旦那様だけのただ一人。
という女性が多いような気がします。
不倫を陰だと思えば、結婚生活は陽。
ふとした瞬間に別人が入ったように陰が現れる。
結婚以外での恋愛に関する善悪の区別はシカトして、その物語の女の人を見つめる。
自分の中に新しい愛や見方が姿を見せることもある。

蒸し暑い仏滅の午後は微笑んで

笑った顔って綺麗だなーと思っているので、なるべく笑顔で過ごせるように心がけている。
なるべく、場所と場合を考えて。
でも、周囲にそんなものだと強制しては良いとは言えない。
結局は、一括では言えないが、自身の考えとして。
先程までシリアスな顔で真剣に働いていた人が、笑ったその瞬間。
すごーく大好き。
目じりにしわができる人がタイプ!とよく言う友達。
気持ちも理解できるかもしれない。

目を閉じて口笛を吹く兄弟とファミレス
めちゃめちゃ甘いおやつが好みで、甘いケーキなどを自作します。
普通に泡だて器で頑張って混ぜて、オーブンで焼いて作っていたのだけれども、最近、ホームベーカリーで作成してみた、ものすごく楽でした。
こどもにも食べてもらう、ニンジンを混ぜたり、リンゴを混ぜたり、栄養がとれるようにもしています。
シュガーが少なめでもニンジンやかぼちゃ自体の甘さがあるから、喜んで食べてくれます。
最近は、スイーツ男子という言葉もメディアで言っているから一般的だけども、しかし、大学の頃は、お菓子を自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
近頃は、菓子作りをする男性が多いよねと言われる。

雲の無い金曜の夜明けにカクテルを

ある暑い日の夕方、少年は母親からお使いをおねがいされ、白菜とねぎと豚肉を買いにいく途中だった。
少年は思った。
今日はしゃぶしゃぶだ!やったぁ!…と。
だが、事件は次の瞬間に起きた。
なんと、ポケットにしまっておいたお使いのための千円札2枚が、どこにも無いのだ!
少年はお店の支払い所に並ぼうとする時、まさかとは思っていたがズボンのポッケをまさぐって確認してみたのだ。
そして、その時お金が何処にもないという事実に気付いたのである。
怒られるのを覚悟して、少年はしょうがなく手ぶらで家に帰ることにした。
次からは、お金はクツの中かくつ下にしまおう。
少年はこめかみを押さえながら、固く決意した。

天気の良い休日の夕暮れは料理を
服屋さんって大変・・・など思うのは私だけだろうか。
毎日、完璧にファッションを選ばないといけない。
私なんて、外で働くときはスーツ着ればOKだし、メイクだって簡単でそれでよし。
休みの日も、自分がお気に入りの服装を選べばいいし、在宅で何かをするときはワンピース一枚でできる。
このことから、おそらく、服を売るなんて商売には、向いていない。
ショップに入ると店員さんが近寄ってきて服の説明やコーディネイトを語ってくれる。
私はどうしてもそれに緊張してしまい、買わないで逃げてしまうのだ。
こういった部分も、店員さんって大変と思う事の大きな理由の一つだ。

そよ風の吹く休日の朝に食事を

遠くの生家に住んでいる母親も孫娘だといって、たいそう豊富にお手製のものを苦労して縫って送ってくれている。
アンパンマンが大変大好きだと言ったら、そのキャラクターの生地で、裁縫してくれたが、縫物用の布の価格がとっても高価であきれていた。
縫物の為の生地は横、縦、上下のキャラクターの向きが存在していて気をつけなくてはならないらしい。
それでも、多量に、作成してくれて、送ってくれた。
孫はすごく愛らしいのだろう。

前のめりで踊る家族とあられ雲
同僚がここ最近エサ釣りによくスポットに行ったらしい、長時間やっても何匹かしか釣れなかったらしい。
ザコがたくさんで、フカセ釣りがやりにくかったらしい。
けれど外道だがイノコの50cmクラスがあげれたらしいから、いいなと思う。
昨年、もらって初めて食べたがたいそう美味だった。
おいしくて大物が釣れたと知ってしまったら楽しみでしょうがないが、まだ我慢して今度だ。

よく晴れた月曜の夜は立ちっぱなしで

「絶対にこうで当たり前だ!」など、自身の価値観だけで人を裁くのは悪くはない。
だけど、世間には人それぞれと言うものが個人の周りに漂っている。
これらを頭に置いておけば自信を手に入れるのはGOODだけど、強く反論するのは良い事ではないのかも?と考える。
これも私の考えでしかないんだけれど。
つらい世になるかもしれない。

涼しい月曜の夜明けはひっそりと
見物するのに坂道でもいっぱい歩く動物園は、9月はめちゃめちゃ蒸し暑くて疲れる。
知人夫婦とお子さんと私と妻と子供といっしょに見に出向いたが、めちゃめちゃ日差しも暑くてぐったりだった。
ものすごく暑すぎるので、シロクマもトラも他の動物もぐったりして行動していないしし、奥の日陰に姿を隠していたりで、非常に観察出来なかった。
今度は、ひんやりとした水族館などが暑い時期はいいかもしれない。
子供が小学生になったら夏期限定の夜の動物園や水族館も愉快だろう。


PAGE TOP

雑誌とかのアンケートとかで、「パティシエ」について聞かれたら、君はなんと答える?「起業家」って、人それぞれで印象が千差万別かもしれないね。
Copyright (C) 2015 インストラクターは泣いてはいられない All Rights Reserved.