笑顔で叫ぶ兄弟と暑い日差し

「姉ちゃん」が好きな人もいれば、嫌いな人もいるだろう。なにも思わない人だって。アナタが考える「思い」はどうなんだろう?

どしゃ降りの火曜の夕暮れに椅子に座る

海辺がめっちゃ近く、サーフィンのスポットとしても非常に知られている場所の近所に住んでいます。
という理由で、サーフィンをする方はめちゃめちゃ多くいて、仕事の前に朝ちょっと行くという人もいる。
そんなふうに、サーフィンをする人が多いので、一緒にサーフィンに行こうと言われる方も非常にあったのですが、どうあっても断っていた。
それは、自分が、運動神経が悪く、泳げないからだ。
だけれども、泳げなくてもサーフィンはできると言われ、サーフィンをしてみたけれど行ったスポットは初心者じゃない人が波乗りに行く海で、テトラポッドが周りに置かれていて、スペースが狭い海だった。
泳げない私は、パドリングをする筋力も無く、すぐに流されテトラポッドにたたきつけられそうになり死にそうになりました。

目を閉じて口笛を吹く彼と季節はずれの雪
挨拶用で何着か少しだけスーツに似合うYシャツを所持しているけれど、いつも決める時に何枚も試着する。
それ程、シャツのかたちにこだわるのも珍しいと思い込んでいた。
しかしながら、今日、Yシャツは特注でと言っていた方がいらっしゃったので、驚いた。
もちろん、Yシャツひとつでカッコよく見えるので、いいかもと考えた。

曇っている土曜の朝はゆっくりと

ネットニュースをいつも見るけれど、新聞を見るのもけっこう好きだった。
今は、無料で閲覧できるネットニュースがたくさんあるから、新聞はもったいなくて購入しなくなった。
けれど、読み慣れていたから、新聞のほうが少しの時間で多くの量の情報を手に入れることができていたけれど、ネットのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、濃い内容まで見やすいことはある。
一般的なニュースから関わりのある深いところまで見つけていきやすいけれど、受けなさそうな内容も新聞はちょっとした場所に小さくてものせているから目に入るけれど、インターネットニュースの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国のデフォルトになってしまうかもというニュースがとても気になる。
デフォルトになるわけないと普通思うけれど、仮にそうなったら、他の国もきっと影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

前のめりで口笛を吹く姉ちゃんと突風
ある大がかりな仕事が舞い込んできたとき「まあ、なんとかなる」などと思っていた昔。
その時、自分を含むチームのみんなが、「過ぎちゃえばなんてことないよ」とシンプルに取り組んでいた。
そこで指導担当の女性上司が、言った内容が記憶に残っている。
「達成に向かって頑張って毎日を費やしたからこそ、業務終了後に成功するだけの話。
それ故に、みんなのように楽観的に過ごしていて、運よく事が大したことなかったという意味ではありません。
過ぎればなんてことないといった言葉の裏にあるのは、その逆です。
事前に真面目に勉強し準備を進めたからこそ能力が業務内容を越えて、仕事がスムーズに進んだという事を表しています。
じゅうぶんやる気になれましたか?
なめてないで早く取り組んでください。」
と言うセリフ。
その後、私たちは必死に取り組みうまく仕事をすることができた。

ノリノリでダンスするあの人と草原

知佳子はAさんが大好きなようだ。
Aさんも知佳子の事を可愛がっている。
彼が出張に行くときは、知佳子も連れて行くし、先日は私も一泊だけ同行させてもらった。
この2人は私を同じ呼び方で呼びかけるし、どの店で飲んで、どの交通手段を使おうか、とか、二人して、私に聞いてくれる。
なにかしら目をかけてくれている感じがしてとても空気がよかった。

ぽかぽかした木曜の夕方は座ったままで
近所のスーパーで食料品を探していた。
冷食コーナーで、ドリアを選んでいた。
物色していたら、韓国語で書いてある品を探し出した。
良く見て確認すると、韓国屋台の定番、トッポギだった。
先月釜山へ遊びに行ったときに、何度も韓国を旅行している友人にごり押しされたのがトッポギ。
ここ日本で冷食になって、屋台のトッポギが買えるなんて、純粋に驚いた。

のめり込んで踊る姉ちゃんと僕

仕事として、日光へ行くことが非常にたくさんあった。
北関東に位置する日光市は栃木県にあって、海に面していない県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、冬になると雪が降り、除雪車やチェーンは必要である。
秋になると、と東北道を使い、2泊3日で行って、無事に帰り、また2泊3日というパーターンが多く、ニュースなどで日光が登場すると懐かしく思ってしまう程。
日光を見ずして結構というなかれという面白い表現がある位なので、一度は見た方が良い県だ。
少し述べさせてもらうと、観光客のメインはやっぱり東照宮。
江戸を治めた家康の眠っている所で、中の立派な様子に驚くと思う。
さらに、山奥にある日光湯元温泉。
硫黄泉で、白く、熱めの温泉。
この温泉に来ると冷えにも良いのではないかと思う。
日光東照宮が建てられたときには、日光のこのお湯を目指して多くの湯治客が集まったと言う。
その様子が想像可能な古い歴史を持つ栃木県の日光。
ホテルや民宿の紹介も兼ね,情報誌に紹介されているこの場所へ、ぜひまた行ってみたいと思う。

のめり込んで話す姉ちゃんと枯れた森
学生時代、父も母も、私の人付き合いに対し大いに積極的であることを強いてきた。
平均的より外れては良くない、など。
とってもつらい時期だったと考える。
学校が終了すると、日課のように、偽りの生活を楽しそうに母に告げる。
すると、嬉しがるのだ。
人とずれると、おかしい。
こればかり考えていた学生時代の私と父と母。
悲しい昔だと今は感じる。

ゆったりと泳ぐ兄さんと暑い日差し

ビールなど、アルコールのお供に、ローカロリーで健康に良い物を!と考えている。
ロングヒットなお気に入りだったのは、ニンニク。
もっと前は鯖。
そして、最近は、明太子だけれど、少々高めなのであきらめた。
昨日、新たなおつまみを発見した。
スーパーで100円しないくらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、バターで炒めて、味の素と醤油を少々ふりかけて整えたもの。
じゅうぶんお金は低いし、カロリーも低い気がしませんか。

ひんやりした火曜の午前に微笑んで
旅行でも出張でも、韓国に行く機会が多い。
縁が深いのは、港町プサン。
観光ももちろんだが、女性は基礎化粧品や小物など興味を持っている方も多いのではないだろうか。
この国では見た目へのこだわり、つまり外見を磨くことに関しての熱は素晴らしいといわれる。
就職や、結婚の際に、日本よりも露骨に判断するシチュエーションが多々あるとか。
そんな傾向から、韓国で販売されるスキンケアなど、美容成分が日本の物より多く含まれているらしい。
という事で、自分に合うものを見つけるのは大変かもしれないが使用後は期待してしまう。


PAGE TOP

「姉ちゃん」が好きな人もいれば、嫌いな人もいるだろう。なにも思わない人だって。アナタが考える「思い」はどうなんだろう?
Copyright (C) 2015 インストラクターは泣いてはいられない All Rights Reserved.